サラ金 金利 比較

サラ金とカードローンの金利の比較

MENU

サラ金とカードローンの金利の比較

お金を借りることになったとき、少しでも金利を抑えてお金が借りたいと思うのは当然のことで、返済が長期になればなるほど無駄な金利を支払うことになります。

キャッシングをするにはサラ金やクレジット会社、銀行のカードローンがあります。
一般的にサラ金やクレジット会社は銀行に比べて少し金利が高く、銀行は低金利でキャッシングができることが知られています。

銀行も最近は小口金融に乗り出しているので、大手銀行や地方銀行、信用金庫などでも積極的に顧客獲得を進めているのでカードローンの金利を比較して低金利で契約ができればお得なキャッシングができます。

たとえば、大手サラ金の金利は4,5%〜18,0%前後とほぼ同じで、銀行カードローンでも新生銀行のカードローン「レイク」のように4,5%〜18,0%というようにサラ金と変わらない金利で融資しているところもあれば、住信SBIネット銀行の「Mrカードローンプレミアムコース」のように1,99%〜7,99%のように超低金利なカードローンがあります。

このように低金利のカードローンは長期で返済を考えている場合、総返済額を考えると大きな差がありますが、給料日前の一時的な借入であればその金利差が大きく影響する事はありません。
10万円を金利18,0%を10日間借りた場合と金利7,99%で借りた場合の金利の差はわずか275円だけなので、利便性を考えたときはサラ金の即日融資でもよいのではないでしょうか。

 

参照↓
サラ金 カード

サラ金の与信とは

サラ金や銀行カードローン、クレジット会社へキャッシングを申込むと与信があります。

与信とは簡単に言うと申込者に対して「これくらいまでなら貸しても大丈夫」と判断されることで、キャッシングを申込んだときの仮審査とも呼ばれます。

与信枠はまず申し込みをした段階で、申込書に記入した項目と信用情報機関の個人データをもとに判断し、現在の借入残高などを参考にして限度額が決まります。
また申込者がお金を貸してもかならず返済してくれる人なのかもチェックしますが、これらは個人情報で遅延や延滞がないかを見て判断します。

また与信枠は初期の審査で決まった限度額がずっと続くわけでもありません。
返済期間中や契約の更新時に利用状況の確認をおこなっていて、これを途上与信と言いますが、利用中のローンの返済状況や、他社状況など個人信用情報から調べて、与信枠が適正なのかを判断しています。

仮に与信が悪化すれば限度額が減額されたり、新規貸出を断られることもあります。
クレジットカードのショッピング枠は、問題なく利用していれば自動的に与信枠が広がることもありますが、カードローンの場合は自動的に枠が広がることはありません。
与信枠を広げるためには増額申請が必要で、増額審査を受けて与信枠の増額が可能になります。
サラ金によっては途上与信を非常に重視しているところがあり、返済途中で遅延や延滞を起したり、他社借入が増えるとマイナスポイントになるので注意が必要です。